家庭教師の役割と実体

受験の時の家庭教師

家庭教師の役割と実体

家庭教師の役割は、家庭の中に学習環境をつくることと、家庭の中に「社会」を持ち込むことです。

もちろん、結果的には受験に合格させたり、成績を向上させたりすることが必要になりますが、それらはあくまでも「ついてこなければならない結果」であり、基本的な役割というのはこの2つなのです。

ここを理解すれば、学習塾との違いというのは一目瞭然ではないでしょうか。

大切なことは「家庭」という安心できる環境であることなのです。

受験には大きなストレスがかかり、精神疾患や、円形脱毛症、白髪、拒食・過食などの摂食障害などを引き起こす場合もあります。

これは、長時間親や家から離れていることで、不安な状態が長く続き、外部からのストレスや圧力にさらされ続けることが原因となります。

家庭教師が作る環境と、学習塾が作る環境では、基本的なものが違うのです。

教師の中には子供にストレスを感じさせるのがかわいそうだというものもいます。

しかし、家庭の中だからこそ、家庭教師というストレスは効果的に働くのです。

家庭教師自身が社会の象徴として、家庭の中にその時間をつくるという事は、子供にストレス耐性や刺激を与えるうえで重要な役割を果たしています

■お役立ちコンテンツ⇒「http://www.photops.org/

家庭教師の成果実態

成果とは、やはり「合格に導く」「成績を上げる」という事で評価されます。

合格や成績の向上については、教師の個人差が大きく、100%の合格率を誇る人間もいれば、合格させたことが無いなんて言うものもいるのです。

ただこれは、教師を雇う目的そのものが違っているという事が理由として考えられますし、合否の成果実態というのは、教師を雇う際、本人に確認するというのが最も確実です。

家庭教師での勉強法は、「自分と戦う事」「自分を知ること」「自分を見つめる事」を学び、「期待に応える事」「信頼すること」「乗り越える事」「助け合う事」「感謝すること」を知るという事が同時にかないます。

もちろん、おかしな教師を雇ってしまっては話になりませんが、家庭教師というのは本質的にこういう存在であるのです。

親としては、子供に受験を通して「自分自身を乗り越える力」を養ってほしいと願っているのではないでしょうか。

他人を蹴落としたり、優劣をつけたりするための戦いではなく、人間としての力を高めていってほしいと願うとき、家庭教師の存在が意味を持つのだと思います。


Copyright (C) www.thebestfansites.com. All Rights Reserved.

受験の時の家庭教師